キャッシュオンデリバリーとは

 

 

キャッシュオンデリバリーとは、一般的には現金着払いのことを指しまずが、居酒屋の種類の1つでもあります。アメリカ形式の居酒屋がキャッシュオンデリバリーで、アメリカの場合、日本と違って、飲む場はバー形式になっています。アメリカでは、食事をするところと、お酒を飲む場所が異なります。アメリカでお酒を飲む場合、バーに行くようになっていて、そういうバーはキャッシュオンデリバリーになっています。要するに、後で会計する方式ではなく、先に注文をして、そこで代金とお酒を引き替えするというスタイルなのです。注文と同時に現金を払う、もしくは、注文後、自分のテーブルに注文したものが届いた時に払うシステムが、キャッシュオンデリバリーであり、飲食がすべて終わった後に、レジで会計する方式ではなく、その場その場で払っていくということです。レストランではあまり無い形式で、アルコール中心のお店で採用されている支払い方法になります。お店の形態は色々で、スタンディング形式のところや、着席するけど、注文する時はカウンターに行くという形式など様々です。

コメントは受け付けていません。